スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨折の手術

火曜日は午後から旦那さまの手術でした。

会社には有給を貰って、午前中に家のことをやってからお昼頃病院に到着。
病室に入ってみると、いない。知らない人が寝ていてびっくり!
どうやら手術の日は個室に移動させられて、術後もそのまま経過をみるんだそう。
なるほど。

個室にいくと、朝から何も飲まず食わずの旦那様がおりました。
午前中に手術の詳しい説明を受け、とりあえず解った、しかし不安。
麻酔は全身麻酔のあと下半身麻酔を入れる予定。麻酔も怖いよね。
術法としては、昨今は「カパッ」と開くわけではなく、ひざ下に2箇所の穴と
くるぶしの上辺りに穴をあけて、そこから器具を入れて脛骨に金属の芯を入れ
そのあと、皮膚に開いた穴からボルトを入れて固定して皮膚を閉めるらしい。
「カパッ」っとあけないことにより、骨がくっ付くのが促されるらしい。

12:50 看護師さんと麻酔の先生につられていきました。。。

本人が手術室から戻ってくるのと同時に、私はナースステーションに呼ばれて
担当のお医者様から一通りの説明をいけました。
「何か質問はありますか?」
うんとぉ。。。
「中に入っている金属の芯はもう一生このままなんですか?・
「入れたままでも支障はないんだけど、、、若い方には1年後くらいに抜くことを
お勧めしています」
「若い方って。。。?このうちの旦那様は若いんですか、若くないんですか?」
「若いね。」
何基準あのかなあ。

そんなこんなで手術は無事終了。
あとは麻酔が切れるのを待つばかり!。。。ってなかなか覚めない。
というのも旦那さまは無呼吸のため、呼吸が途切れるためなかなか酸素が回らす。
完全に覚めるまでずいぶん時間がかかっちゃいました。
無呼吸も治療しほしいなぁ。。。
スポンサーサイト

コメント

読んでいるだけで痛い。

全身麻酔に下半身麻酔か・・・、痛そうだ。
若さの基準が40歳だと、果実さんも若いってことですよね。

早く骨がくっついて、筋力が回復しますように。

やはり、読んでるだけで痛みを感じる。

No title

かいとぅ>「若い」の基準がね、子の場合骨折患者としてはってコトだから。
 私は骨折患者じゃないから、若いとは言い難いよーーー!
 もう大分痛みは取れてきたいみたいよ。明日は傷の医療用ホチキスも
 はずすらしいです。人間ってすごいよねー。
Secret

プロフィール

*果実*

Author:*果実*
北海道札幌市に住む「果実」です。
この度、長年(25年以上)勤めた会社を辞めました!
主婦、子育て、会社のグルグルの中で「ムリー!」と声をあげて
思い切って一つ「会社員」を辞めてみたんです。

さて。。。でも子供は中学3年受験生と小学生。
まだまだお金もお世話もかかります。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。